春を探しに

昨日 久々に 豊田市にあるあげつまクリニックにいき、気質の講座を受けてきました。

「私たちの中には4人の子どもが住んでいます。その4人の子どもに注意を向けて 私たちの中に認める・・。

人生をかけてこの4人の子どもたちを微笑ませ満足させることが目的となるのです。」

会の始まりに 音楽療法士の方のステキな即興演奏があり その次に仰られた言葉です。

・・胆汁質のわたし(あなた) 憂鬱質のわたし(あなた) 粘液質のわたし(あなた) 多血質のわたし(あなた)・・・

ただ単に日常的に使われている言葉の意味として受け止めると、なんとなくいやな感じを受けるのかもしれないのですが、

それぞれに ステキなわたし(あなた)。知るということはとても大切なことですが、結論を急ぐことはあまりうまくないなぁ

と最近思うのです。そんなことをゆらゆらと思いながら外を見ていると、きれいな空に誘われて春を探しに行く事にしました。 

ちょっとアリさんの目線でみてみました。

アリさんはまだ出てきていないですが・・この間の雨でびっくりしちゃってるかもしれないのですが・・こんな感じに見えるのかなぁ

しばらく見ていないうちに 梅もきれいの咲いていて

                     

1月の終わりはこんな風                        2月の終わりはこんな風

自然はやっぱりすごいな。   わたしもがんばろ。