夏休み2

夏の季節のテーブルに登場中のお人形 ウォルドルフ人形のA体のカワイコちゃんたちです。浴衣を着て少しでも涼しげに・・・。

ホントにホントにホントにホントにホンッと~に!!!暑い日が続いていますよね~!!!お花を飾ってもすぐに元気がなくなってしまうし庭の水撒きも忘れたら大変、びっくりするほどぐったりしてしまいます。

種を蒔いたころは雨が多く、すぐに芽が出てきたのに感動しましたが、今はある程度は大きくなった後お花が咲かない・・。雨がないのが原因なのでしょうが大丈夫かな・・と心配です。夕立でもいいので雨が降ることを祈ります。

夏休みになりラジオ体操が終わるとそのまま娘とお友達はお寺にお経を習いに行っています。うちの子たちは地元の保育園にお世話になっていたのですが(いろいろなことがありましてシュタイナー幼稚園には行かずに地元の保育園にお世話になったのです。ここでもとてもいい先生に恵まれいいご縁をいただきました)そこの園の母体のお寺でいつも教えていただいています。

そこで毎年何日間か続けていくとお経の本とお数珠を入れる袋(袱紗のような)をいただけます。いつもやむ負えない理由が出来てしまい、1日はお休みしていたのでもらえなかったのですが、今回はどうしてもほしかったらしく足の怪我を押しても通い念願かなっていただくことが出来ました。また、お泊り会もあり お経やお説教はもちろん みんなで協力してかまどでご飯を炊いてお夕飯を作ったり 本堂で布団を敷いて寝たり・・色々な事を体験させてくださり それらがすべてご好意のみでのもので 本当に頭の下がるおもいです。

先日足の怪我の為送迎していたのですが、待っていたときに 掲示板に書かれた仏教のお説教の言葉を読んでいました。子供向けではなく大人向けの講和のようで難しい文章が並んでいました。

ご存知の通りシュタイナーの思想も大変奥が深く、私はいつも遺書かかってもすべては理解できないかもしれないけれど自分なりに頑張ってみよう・・と思っているんのですが、仏教も本当に深く生涯をかけて学ぶものなのだろうと想像できます。想像でしか出来ないのですが・・。

お世話になっている先生(保育園でお世話になっているのでそう書きますが本来ならば住職さん(?))方のお人柄は本当に素晴らしく 園に通っていたころも常に素晴らしさを感じていましたし 今でもその姿勢は本当に尊敬に値します。シュタイナー教育でも0~7歳までの間は善の中で育つことがとても重要ですし必要であるといわれていますが、シュタイナー教育の環境の中にいなくとも その部分においては申し分なかったと思っています。

シュタイナー教育は幼児教育だけのものではなく生涯を通して必要なものだと思います。第1 7年期に知能教育をしないのにももちろん理由があってそうすることで 各年齢に必要なアプローチがあり、ずっと同じ様な対応をしているわけではありません。私たちは今日本で住んでいて現代社会の中で生活していく中で理想と現実の狭間で様々に迷い悩んでいることがあります。私もぐるぐると悩んでしまうことがあります。そんな時シュタイナーの思想に出会って本当に良かった 指針として 私は本当に出会った事に感謝しています。 でも 宗教観とは少し違います。                         ・・・つづく