バイオグラフィー ファウンデーションコース

2011年 1月5日~8日まで バイオグラフィーワークのファウンデーションコースの学びがありました。

会場のメルセス会修道院につくと 高揚感と厳粛な気持ちが相混じりなんともいえない感覚・・でも

あぁ またここに 戻ってこられた

という嬉しい思いがこみ上げてきました。2010年のお正月明けの4日に、プレコースの『お金とバイオグラフィー』から始まったこのコースは

この1月で丸々1年がたちます。実は私はこの『お金とバイオグラフィー』は受けていないのでまだまるっと1年ではないのですが、今回のコースを最後に

2年目にはいることになります。今回のテーマは「私たちのバイオグラフィーとスピリチャルフォースⅠ ルシファー、アーリマンそしてキリストの力」というものでした

最初の写真はゲーテ・アヌムにある 「人間の代表」という像です。私はまだ実物は見たことはないのですが、何回か写真は見たことがありました。

アーリマン ルシファー キリスト存在 そして ユーモアの存在 の木彫の像です。いつかは必ず見てみたい・・・実物を・・・

私たちのバイオグラフィーとスピリチャルフォースⅠ ルシファー、アーリマンそしてキリストの力・・・最初に近見先生からのコースレターでこの題を見たときは

なんだかすごい感じがしてなんともいえない感覚を持ちました・・アーリマンとルシファーかぁ  めちゃくちゃ手ごわそう・・

が・・・今回 私の一番の収穫は アーリマンとルシファーの存在の私の理解の違いでした。 堕天使的存在としか見ていなかったのですが、今回のワークではまったく違う

学びをすることができ私の肩の力がかなり抜けたような気がします。また、バイオグラフィーから見るとうことも私の新たな気付きと力になりました

母が帰天してからクリスマスになり年末年始になりそしてこのタイミングでのバイオグラフィー・・・実は このごちゃごちゃな感覚を整理整頓したい!!!と思っていたのですが

本当にありがたいことに今回のワークは私に助けをくれました。本当に本当に感謝します。こんなことを書くと変な風に取られるかもれないですが・・・と・・いまさらもうそんなことは

心配することが無いくらい変なことはたっくさん書いていますが・・・私は心から天使存在 ガーディアン・エンジェル(守護天使)を確信します。

さて・・今年はどんなことが起こることやら!!! やっぱり 目の前にあることを精一杯 誠実に・・今年もこの事を改めたい意識して 頑張っていきます。どうかよろしくお願いします