惑星のワーク

4月から始まった、再スタートのバイオグラフィーワーク。今期のテーマは惑星です。写真は16日のバイオグラフィーワークの時にいただいたお花。

お花はやっぱりいいな。野の花も大好きだけれど、この華やかなお花たちは文字通り気分をパッとさせてくれる。なにより、そのお花を持ってきてくださった方の『気持ち』が嬉しい。

プラネットフォース・・・・地上におけるプラネットの作用

私たちは様々な惑星の影響を受けているとい言われていますが、私は惑星についてはまだまだ???な感じですので今回のワークも「へー・・・ ほー・・・」という感じでした。

震災で流れた3月のバイオグラフィーファウンデーションコース(2年目)でも プラネットが始まる予定でした。 また8月のワークから始まります。

でも考えてみるといろいろな影響がありますよね。例えば・・・サンゴの産卵と月とか 潮の満ちひきと生と死 潮の満ちひきは月の影響がある。

月のキーワードとしては 育み 本能的 母性 生殖・・・ なんか納得。

前回は月 今回は土星 のワーク。プラスタシン(粘土)での体験とシェアリング。

土星のキーワードとしては本質 深い内省・・・というある種の狭さを感じる気分。 学者的な何か極めようとする時の一途な思い それゆえに凝り固まってしまい苦しい狭い間隔 またそれが心地よかったりもする。

もちろん それぞれの惑星の影響を受けているので 一つの惑星のキーワードのみの自分として固定して考えることはできないのだけれども

自分に内包しているその力を理解し認識しそして意識してその力を使う。そういうことを知るということが自分の力になるのではいかなぁ、と思いました。