セント バレンタイン

花の子ちゃんのイエローを作りました。早速お花の鉢に飾りましたよ。カワイイ(^^♪

今日はバレンタインディですねぇ。

昔はドキドキしたものですが… 

中学生の息子と娘は友チョコonlyな感じ。ホントに~?って思いましたが、娘はともかく息子は母に触れられたくない部分なので、あえてのno質問。

この年になると、そういうドキドキよりバレンタインの由来を思い真実の『愛』について考えることのほうが心地よい(?)内的な体験を欲する感じなのでしょうか。

バレンタインは…

西暦3世紀のローマ。皇帝クラウディウス二世は、若者たちが戦争に出たがらない理由は、自分の家族や愛する者たちから去りたくないからだと確信するようになり、結婚を禁止してしまったのです。

ところが、キリスト教司祭であるバレンティヌス(英語読みではバレンタイン)は、兵士たちをみかねて内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなり、 しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。

皇帝は、バレンタインに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンタインはそれを拒否しました。そこで、投獄され西暦270年2月14日に処刑されてしまいました。

その後、勢力を増したキリスト教によってバレンタインは聖人として認定されたのです。

もともとローマ帝国の時代から2月14日は『女神 ユノ(家庭と結婚の女神)』の祝日でした。この日はそういう意味のある日だったんですねぇ。

バレンタインは獄中でも恐れずに看守たちに神の愛を語りました。言い伝えによると、ある看守に目の不自由な娘がおり、バレンタインと親しくなりました。そして、バレンタインが彼女のために祈ると、奇跡的に目が見えるようになったのです。

それらがきっかけとなり、バレンタインは処刑されてしまうのですが、死ぬ前に

「あなたのバレンタインより」と署名した手紙を彼女に残したそうです。

そのうち、若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を2月14日に出すようになり、これが次第に広まって行きました。

しばらくたつとカードがよく使われるようになり、現在では男女とも、お互いにバレンタイン・カードを出すようになりました。

日本独特のイベント要素のつまったこのお祭り騒ぎも私は悪くはないと思います。

だって、好きな人のことを思うと嬉しいですものね。

でも、バレンタインの本当の意味 を考えるのもいいですよね。