さくらふぶき

写真のさくらは少し前のもの。ほんの少しの間に満開になってさくら吹雪の潔さ…散るさまもステキですよね。

季節はあっという間に移り変わっていきます。

ここのところも忙しくいろんなことがありました。

その中でも珍しかったのは、娘の所属している合唱団でジョイントコンサートがあり、ニューヨークのザバーリアンハイスクールのボーイズジャスバンド&合唱団の子達とステージを共にしたことでした。

愛知県の犬山市の学校の姉妹校ということで交流があり、今回もホームステイをして日本の家族の方々と触れ合っていました。

東日本大震災の時も、いち早く支援のコンサートを開いてくれ、義援金を送ってくださったとの事…本当に嬉しい限りのあたたかさです。

はじめ、客席の後部からバグパイプを演奏しながらの行進で入場されました。

ナマの演奏は初めてだったので、とても嬉しい驚きと感動でした。

そして…相変わらず 娘たちの合唱団 各務原児童合唱団の歌声は素晴らしい!!!

特に日本の伝統的な曲をアカペラの合唱で歌ったのも素晴らしかった。隣に外国の青年が座っていたのですが、合唱が始まったとたんに身を乗り出して聞き入っていたのが、本当に嬉しかった。

歌声は万国共通なのだなぁと思いました。

その証拠に、最後は犬山の中学生の吹奏楽部の子達とザバーリアン高校の子たちが合同で合奏したのですが、とっても楽しそうで…。

心が温かくなる光景でした。