”境域に立つ”読書会&勉強会のおしらせ

バイオグラフィワークを学ぶうちに、この本に出合いました。

…ルドルフシュタイナーの「人類は境域を越えた」という認識に立ち、現代を生きる上での処方箋と、彼自身によって実践された

バイオグラフィワーク的療法の基礎を与える…暖かく深い考察は他に類を見ない名著…

と紹介されています。

でも、シュタイナーの本はなかなか難解で、言葉の使い方や、その意味 アントロポゾフィーの基礎的な概念など、読むには決意と集中力が必要になる…と私は思います。

もちろん、何年も読み続けていらっしゃる方もおいでかと思いますが、日々の生活の中で、その本に『取り組む』のに意志の力を使わずにいられない方も、たくさんいらっしゃることと思います。

私もそうです。

そこで、バイオグラフィワークを学ぶ別の角度から(ワークとは別という意味で)

この本に読書会&勉強会という形で仲間同士で取り組んでいきたいと思います。

参加費 1,000円

持ち物 境域に立つ(基本的には個人でご用意ください) 筆記用具

日 時はまだ未定ですが、お申し込みのあった方のご都合を相談して決めたいと思っています。3月の第3週あたり、春休み前がいいかと思います。

興味のある方は mail info@beans-gifu.com   ℡ 0586-89-5874 まで、ご連絡ください。