寒くなると・・・

いよいよ11月も終わりに近づいてきましたね。

本当に気が付くと…という感じで、前回のブログから随分たってしまいました(*_*)

反省です。

11月の9日からXmasカラーになったビーンズ、手仕事もXmas準備に忙しくなっています。

たくさんの方が、色んな手仕事講座で頑張って楽しんでいます。

私も楽しいです(#^^#)

手作りのプレゼントは世界に一つだけ…そして、この時期だけ、この年齢だけ…と一期一会の一つの形。

その人のことを思って、作る。

その人のことを思って、えらぶ。

想いのこもった素敵な思い出の一場面になることでしょう。

そんな中、最近多いのは手編みの靴下を編みたいというリクエスト。

輪針で編む靴下が流行っているようですね。

それも、2足同時に編みあがる、効率のいい方法が流行りのよう。

ということで、講座を前に復習を兼ねて新しい方法で編んでみました。

新しく買った輪針は

2015 輪針靴下2

こんなにきれいなマーブル模様。編み棒の先とケーブルがねじ式になっていて、号数を変えることが出来ます。

すごーい(^^♪

2015 毛糸靴下

で、2足同時にできちゃうから嬉しい( ´艸`)

かぎ針でかわいいお花をつけてみようかな~とシュミレーションしてみました。

こんな風に手仕事が大好きなのは、やはり母のから受け継いだものなのでしょう・・・

21日は母の命日

2015 命日のもみじ

母の眠る霊園で毎年、同じもみじを見ています。

毎年…あの時のもみじの美しさに命の輝きを見たことを思い出します。

今年のもみじはまだあまり赤くなっていませんでした。

母は編み物の達人で、もっぱら輪針で編み、頭の中に図面も模様編みの方法も全部入っているので、なにも見ず、とじ針も最後の仕上げしか使わず、すっぽりとセーターを編み上げていました。

複雑な模様編みも、いろんな形の編み込みも 驚くほど早く編み上げていました。

母は息をするように、いつも何かを作っていました。

編み物をすると、母の姿が自分に重なるようです。

親子ですもんね。

いよいよ12月、Xmasのこの時期を楽しみましょうね(^_-)-☆