時は流れていく

2016 菊

祖母は大正5年の生まれで、この5月1日で100歳 享年だと101歳になるそうで大往生でした。

でも、どれだけ長生きをしても、だから納得できるものではなく

命の灯が消えゆくとき

私たちは戸惑い、動揺し、悲しみました。

でも、たくさんの感情の動きの中で、自分自身を見て、感情の奴隷にならず 祖母に対しての想いと自分自身の課題とを

わけて、送ってあげることが出来たのではないか…と思います。

アントロポゾフィー そして バッチフラワー

"縁”をいただいたもので私はできているとして

それは物質だけではないと思うので

これからも"縁”を抱いて進みたいと思う時に

やはり感謝しかないなぁ と 思います。