春のいろ

GWの真ん中の平日。

お天気はイマイチ…なのですが。

のどかな雰囲気が流れています。

私の大好きなこでまりが今とってもきれいです。

〝垂れ下がり系”と私は勝手に呼んでいるのですが

こういう感じがとても好きなのです。

コデマリや、雪柳や、しだれ桜・しだれ梅・やなぎ…

なんだか、心が引かれるんです。

小さいころ、お正月や七五三 お雛祭りの時に着物を着せてもらった時

かんざしを挿してもらったのですが、

昭和レトロの(今でいう) つまみ細工のたまに房が付いていて揺れるものや

いわゆる「お大名のお姫様」みたいな、お花にキラキラした揺れる飾りがついているものが

大好きで、うれしくて仕方がなかったことが、このわくわく感につながっているのでしょうか。

さてさて>^_^<

草木染めで感じる春の色

今回は アカメ と ヨモギ

アカメは生垣によく使われている、新芽が赤い木です

葉っぱがこれ

今年は少し赤が鈍い気がします…寒かったからかな?

煮だすとこんな赤

煮だした後のアカメの葉っぱ 水(お湯)に色を移しました。

この赤が、なんと「緑」になるのです。

ミョウバンとの化学反応。春には貴重な青みがかった緑\(^o^)/

そして、ご存知 ヨモギ

相も変わらず、野草の優等生(#^.^#)

春のヨモギは黄色に近いので、今回はアカメを少し混ぜました。

アカメを煮出すと 赤しそのような香りがします。

赤の色素の香りなのか?と独特なにおいに不思議と甘さを感じる。

で、ヨモギは やっぱりヨモギ餅(^-^)

ゆっくり時間をかけて染め上げました。

右がヨモギ 左がアカメ

アカメ…去年より少し色が薄い気がしますが、きれいな緑。

ヨモギはアカメのおかげで、秋のヨモギのような濃いめの色になりました。