梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間…というにはとても爽やかな日になりました。
青空はまぶしいほど青く光が強く照らしています。

皆さんがご来店くださった時におすそ分けで持ってきてくださる花やハーブ(#^.^#)

そんな風な気持ちがとてもうれしいです。

スモーキーツリーという名前がぴったりの風貌。

室内でも風を感じるくらいです。

先のほうに種が付いているようですが、この木は雌雄別木とのこと…この木だけで発芽はしないみたい。

奥に見える白いのもこもこは羊毛ではなく超極太の草木染用の毛糸。

その奥にすこーしか見えるのは大好きな野呂英雄さんとOpelの毛糸、そして、いとぐるま。

窓辺のハーブとローズの〝ローズウインドウ” 絵になる♡

先日の『百合と薔薇』の講座の時に観察してから、もともと好きだった百合が、もっと好きになって、

なんだか話しかけたくなるような感じ。

点々があってうっすら黄色い筋があるから山百合かな?

つぼみもいっぱいあるので、これから咲くのが楽しみ。

そして、チコリー。

3年前に株分けでいただいて、なぜか1年おきに成長する。

去年は咲かなかったので、今年はぐんぐん大きく育っています。今日の空のようなきれいな爽やかな色。

チコリーは、(以前も紹介したかもしれませんが)キーワードは「見返りを求める愛」

そう聞くとなんだか傲慢に聞こえますが、もともと愛情が豊かで、愛する心がたくさんなる人です。

でも、そのバランスが崩れると、自分の愛情がちゃんと相手に届いているか、そしてわかってくれているのか…ということが不安になり、俺が感じられないと強い不満をもったり怒りを感じたりします。

見返りを受けることで、自分の愛情が届いている、間違いはないんだ…と安心する気持ちになるんですね。

行き過ぎてしまうと、自分と相手の境界線が分けられなくなってしまって、自分の思う「幸福」を相手に押し付けようとしてしまいます。

例え独りよがりになってしまったとしても、本人は気が付かずそのためにとってもとっても努力もするのです。

でも、相手がそれを拒否すしたりすると、裏切られた…という気持ちに陥ってしまうのです。

チコリーはそんな感情になって苦しんでいる人に、本来の目的

「その人にとっての幸福」を、ともに喜べる愛情を思い出させてくれます。

もともと愛情はとっても深いんです。

日常の中のほんのちょっとしてことでも、起こりうる感情ですよね。

そんなことも、バッチのおしゃべり会でお話しできるといいなぁと思います。

良かったらご参加くださいね。

バッチのおしゃべり会 6月のお知らせ

子育てが終わったと感じる今日この頃。

犬の散歩をしながら、子どもたちとよく遊んだり散歩をした川べりを歩いていて

「あぁ、子育て…楽しかったなぁ」としみじみと思って、ウルウルしてしまいました。

大変なことや悩んだこともたくさんあったけど、楽しかったなぁって思えるのって幸せだなぁって思って

うちのわんこに向かって泣いていました( *´艸`)

わんこはマイペース🐶