祈り

子安美知子さんがお亡くなりになられた。

7月2日 83歳。

5月21日に、東京でバイオグラフィーをお聞きしたとき

「あぁ、私は歴史の一部に触れている」

と感じた。

強く しなやかで 繊細で 瑞々しい。

こんなにも早くに この世から帰天されるとは

なんて不思議なんだろう

シュタイナーのことを知ったのは 本当に偶然だった

必然なのだろうが…

シュタイナーを知ってから子安さんの本を読んだ

それから私の意志と思考と感情の旅が始まった

まだ旅の途中だけど。

尊敬する 大好きな 丹羽敏雄先生は

”あの世”にいくことを「長期滞在」とよばれた。

ならば、この世は 「短期滞在」なのだろう。

この短期滞在中 私は できるだけ

有意義な無駄な時間と

稀な大切な時間を

生き生きと 生きたいと思う。

縁を

縁に

言葉にならない思いを込めて…