記憶の引き出し ~ バイオグラフィーワーク ~

昨日の夕焼けは見事なものでした。

夕焼けはなんだかノスタルジックな気持ちになります。

そういえば、子どもの頃遊んでいて、この夕焼けが消える前に家につくように帰っていたなぁ

と、この夕焼けを見ながら思い出していました。

私たちの中には、普段忘れてしまっていでも、決してなくなることはない引き出しがあります。

その引き出しの中の、日常の中の思い出の中にも「私」を新しみ見つめることのできるヒントが隠されています。

バイオグラフィーワークはそんなワーク。

私は、2010年から5年間学び、2015年にバイオグラフィーワーカーとなりましたが、

さらなる学びを求めで再履修という形でまた

バイオグラフィーワークファウンデーションコースで学び始めました。

この週末も、このコースがありました。

2010年といえば今から10年前…

東日本大震災の前で、母もこの世の住人でした。

それから

義理の祖母も帰天し、義理の母はデイサービスに通い

娘と息子は大学生になり、親離れ子離れの時期となりました。

私も変わり 家族も変わり 世界も変わり…

そな中でのバイオグラフィーワークの学び。

バイオグラフィーワークはグループワークでそのメンバーは同じ船に乗る者たち…人生の旅を一緒に疑似体験する仲間になります。

メンバーも違う、学ぶ場所も東京から名古屋になり ファシリテーターも変わりました。

講師の中村かをるさんと出会って、私は人生の方向性を見ました。

人生は、そのタイミングで起こること、出会う人、そして行動する私でできているのだと

改めて思います。

私が私であれるよう。今世での学びがより善く より深くあるよう 導きがありますように。

そして、必要な人にこの学びを届けられるよう、私も日々学びたいと思いました。

終わりってないけれど、その時のベストを尽くして、次につなげたいと思います。

どうか、必要なあなたのところに届きますように

バイオグラフィーワークは3名揃えば開講できます。

出張講座も承ります。ご希望のある方は是非お問い合わせください。