嬉しい出来事

2020年9月1日付けで

バイオグラフィーワーカーとしての活動の大きな区切りである

「ディプロマ」を獲得できました。

…感無量…

 

バイオグラフィーワークを本格的に学び始めたのが2010年

その前に、ビーンズで恩師である中村かをるさんから学び始めたのは

2008年の11月

ファウンデーションコース(バイオグラフィーワーカー養成)につながるまでの2年間で

私は、言葉に尽くせないほど多くのことを学び、出会い、体験しました。

 

ちょっと足跡をたどってみようかな

 

シュタイナー教育を知ったのは1994年。

天使の導きだったかなというよな出会い…ものすごい葛藤にも出会ったのですが(^-^;

 

シュタイナーを、本気で学ぼうと決心したのが2002年の頃

そして、シュタイナー学校でしかシュタイナーの学びは得られないのか…という

思いで、子どもたちの放課後のクラスを、仲間とともに立ち上げ

それが「ビーンズ」というスペースを生んだ。

 

今でもつながっている思い、

始まりよりもさらに誇りに思うのは

繋げてきたこと…それを担ってきた「人の思い」を考えると、感動する。

 

そんな中でも、また自分の道を探し続け「シュタイナー」という消えない炎を胸に

すぐ目の前しか照らせないような小さな火を…でも確実に存在する火を抱え

探し求めてもがいていた。

 

『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(略して『いか超』)

の中に書かれていることをよりどころに、導師と同志を求め学びの旅を続けてきた

 

そして出会ったのが、

導師であり・恩師である中村かをるさん

 

私の前にその先に続く扉を開けた瞬間でした。

 

シュタイナーの哲学=人智学=アントロポゾフィ

アントロポゾフィーを学ぶもの=アントロポゾーフ…生涯のアントロポゾーフを目指し

私はバイオグラフィーワーカー養成コースに入った。

(スイス・ゲーテアヌム精神自由大学認定のコースね!(^^)!)

これで最初につながるかな(#^.^#)

 

そこで導師、恩師の近見冨美子さんに出会い

2010年から2015年まで学び、同じ期のメンバーとも出会えました。

そのあとは実戦と研鑽を積み重ねてきました。

 

そこで出会った同志の存在は、私にどれほど大きな力をくれたことか。

そして忘れてはならない大事な大事な家族の存在

「私」をそのまま受け入れてくれ、愛をもって支えあってきた。

 

時には「闇」を抱え…それでも進めたのはみんながいたから。

 

バイオグラフィワークの100時間以上の実践経験と、コースの再履修等の条件は

なかなか厳しいものでありましたが、

 

それでも、やはりこの時間が必要であったと思います。

再履修で出会ったメンバーはまるで癒しのようです。

 

書き出すときりがないほどの気づきと 世界への感謝と畏敬の念

 

これからは、私のできうる限り

私の受け取ってきたものを次につなげる活動をしていきます。

 

感傷的になってしまいました( *´艸`)

 

このコロナの時代、大事なものがどんどん変化していくような…そんな不安定さを感じます。

でも、

本当に大切なものは、変わらない。

 

すぐに変わるものは、またすぐに変わっていってしまう。

 

変わらないものはゆっくりと進み、長く続いていく。

そんな風に信じています。